板金塗装の修理店を東京で選ぶポイント

見積もりを取って料金を確認しておく

自動車の傷や凹みがある時には、東京でも板金塗装を行っている業者に修理の依頼をすることになります。どこに持ち込んでも大差はないと考えがちですが、依頼先により修理に必要となるトータル費用や預ける期間には必ず違いがあるのでしっかり比較して選ぶようにしましょう。ディーラーやチェーン店、町の工場などあらゆる選択肢がありますが料金はそれぞれが独自に決めているので相場はあってないようなものと言えます。高ければ腕が良かったりサービス内容が充実しているというわけではないので、金銭面の違いだけで判断しないように気を付けましょう。

仕上がりの良し悪しに注目しておく

東京で自動車の傷や凹みを直すために板金塗装を行っているお店に依頼する時には、料金が気になる人が大半です。しかしそれだけで判断するべきではなく、腕の良し悪しに注目しておくようにしましょう。もちろん作業の工程や内容も依頼先により異なるので、きちんと確認した上で納得できるところを選ぶ必要があります。基本的には損傷したパネルは交換より修復した方が費用を抑えることができますが、必ずしも修復が良い方法と言うわけではありません。交換となれば新しいパネルを取り付けるために発生する脱着や取り付け、塗装や調整だけではなく新品のパネル費用が必要となるので高額になります。もちろん修復も周辺部品の脱着や塗装、修復後には周辺パネルとの建て付けの調整などは行われますが、新しく購入しなければならない部品がなければ修理費用は大幅に抑えることができるケースが大半です。ですから費用を抑えるために交換するべき部品を省くことにより、出来栄えがイマイチになるなど仕上がりに満足できなかったり、新しいパネルとの交換に比べると納得できない仕上がりになってしまう可能性もあることは、頭においておくべきです。

預ける期間や長引くケースについて

箇所や作業内容によりどの程度の期間で修理が終わり手元に戻ってくるのかには違いがありますが、依頼する業者による違いもあるので気を付けましょう。東京で板金塗装を行っている業者も大型連休などは繁忙期になるので、預ける期間が長くなる傾向にあります。もちろんそれだけではなく、古い自動車や外車は部品を取り寄せなくてはならないこともあるのでその半期間は長引きがちです。自動車保険を使う時には、保険会社との話し合いもあるので期間に余裕を持っておくようにしましょう。”

記事一覧